ドラクエ スロット オーブ

ドラクエ スロット オーブ

しかしその心配も日付が変わった頃になくなり、1月10日午後2時、遂にバルネコウ将軍は堂々ペロンヌ要塞に入城するのです

 1月1日から9日までのペロンヌ攻囲戦で仏軍守備隊や市民の被った損害は不詳です

また独軍が被った損害は記録されていません

 要塞に備蓄されていた弾薬や糧食は膨大で、兵器も各種多数が独第一軍の手に入ったのでした

☆ 1月12日まで 独第一軍はペロンヌ要塞を攻略したことで「一見」仏北部軍に対し優位に立ちました

仏北部軍司令官ルイ・レオン・セザール・フェデルブ少将は救援が赴くまでペロンヌが耐久し、結果北部軍主力が一気にソンムを渡って左岸へ進み、パリ軍が解囲を図る突破作戦を発動し易くするためにそのままコンピエーニュ方面へ突進することを狙っていました

あなたも好きかも:愛知県 パチンコ 設計
しかしこれも潰えたことで別の方針に転換するしかありませんでした

 一方、独第一軍としても未だ敵との兵力差が大きいことは変わらず、安穏としていることは出来ません

このため軍右翼(東)方面を更に「厚く」するため、一応の平静を見たセーヌ下流戦域から歩兵6個大隊・砲兵2個中隊を引き抜きアミアンへ送る手筈を整えるのです

あなたも好きかも:パチンコ 爆音 理由
 このアミアン行きを指定された諸隊はペロンヌ要塞が陥落寸前となった1月8日から11日に掛けてアミアンへ輸送され、アミアン在の同僚・第1軍団の歩兵3個大隊・砲兵2個中隊と合流します

※1月11日・アミアン付近の第1軍団諸隊アルベルト・アレクサンドル・ギデオン・ヘルムート・フォン・メメルティ少将(第3旅団長/疾病入院から復帰)指揮◯擲弾兵第4「オストプロイセン第3」連隊(第3旅団)◯第44「オストプロイセン第7」連隊(第3旅団)○擲弾兵第1「オストプロイセン第1/皇太子」連隊(第1旅団/第2,4中隊欠)◯野砲兵第1「オストプロイセン」連隊・重砲第4,5中隊、軽砲第4,6中隊(第2師団と軍団砲兵)アミアン大聖堂 この移動時、擲弾兵第1連隊の第2,4中隊はポア(=ドゥ=ピカルディ)とフォルムリーに駐屯しアミアン~ルーアン間の後方連絡線を警備していた第70「ライン第8」連隊の第3,4中隊と交代します

任を解かれた第70連隊の両中隊は12日にアミアンへ鉄道輸送されて来ました

 また、それ以前の7日には擲弾兵第4連隊のF大隊に近衛驃騎兵連隊の第2中隊、そして野砲兵第1連隊の軽砲第6中隊から1個小隊(2門)が抽出され、アミアン~ルーアン鉄道警備のためルーアンからモリアン=ヴィダム(現・モリアン

フォルムリーの東北東6キロ)へ送られています