スロット キング 横浜 データ

スロット キング 横浜 データ

「ヴィルフリート、其方は今、三つの真実を知ったことになる

祖母にあたる先代領主夫人に教えられた真実と、父親であるアウブ・エーレンフェストから聞かされた真実と、ローゼマインから見た真実だ

全てを聞いた其方が何を思い、何を考えたのか、聞きたい」 神官長の視線を受けたヴィルフリートは自分の考えをまとめようと、やや俯いて顎に手を当てる

 しばらく考え込んでいたヴィルフリートがゆっくりと顔を上げ、真っ直ぐに神官長を見た

あなたも好きかも:めぐみ スロット 動画
 ヴィルフリートなりに行動しました

 次は、もたらされる情報です

あなたも好きかも:キャプテンハーロック パチンコ 甘 評価
 ※活動報告の「編集 一周年ありがとうございます」にトゥーリのSSを掲載しています

もしよろしければ、そちらもご覧くださいませ

「……私は、おばあ様の真実だけが他の者の真実と合わないことを不思議に思った

父上も母上もローゼマインも、皆が本当のことを言っているならば、おばあ様の言葉が一番おかしいではないか

私はおばあ様が好きだが、正しいか、間違っているかで考えるとおばあ様が間違っていると思う」 堂々とそう言い切ったヴィルフリートを静かに見ながら、神官長は先を促す

……それで?」「……其方に謝らねばならぬ

色々言ってすまなかった、フェルディナンド」 素直に謝るヴィルフリートに、わずかに神官長が目を見張った

その後、ゆっくりと目を細め、ヴィルフリートを検分するようにじっくりと見つめる

「あ、謝ったのに、そのように怒らなくても良いだろう……」 神官長から更に厳しい目で見られるようになったヴィルフリートが顔を引きつらせ、泣きそうになった

「大丈夫です、ヴィルフリート兄様」「何が大丈夫なのだ!?」 凍りつくような視線に晒されているヴィルフリートが悲鳴のような声を上げたので、わたしは説明してあげる

「謝罪した後の方が、フェルディナンド様のお顔が険しくなっているように見えますけれど、これはフェルディナンド様が身を入れて話を聞く気になったからです