パチンコ 吉宗4 潜伏

パチンコ 吉宗4 潜伏

「昔の話……ずっとずっと昔、まだ私もレイも真っ直ぐだった頃の話よ」「……聞かせてください

その……みんなに打ち明けるのが難しいなら、俺にだけでも

俺は……俺はゲンさんの過去もちょっとだけ知ってるから……」 ゲンさんは教え子を本当に大切にする人だ

その将来を、身の安全を本気で案じる人だから

それがあんな態度をとったんだ、なにか嫌なすれ違いがあったに違いない

思い出して貰えたから、他の人に比べて特別な縁がある様に思えたから

そんな自惚れからかもしれないけど、僕はふたりのわだかまりを解消したいと、本気でそう願ってハーグさんにお願いした

そこに重苦しい空気は無かった

辛い過去を思い出す様な悲壮感も、嫌な出来事の蓋を開ける様な嫌悪感も

悪い感情は何も無くて、ただ過ぎた話を語ろうとするハーグさんの姿があるだけ

あなたも好きかも:蒼穹のファフナー エグゾダス スロット
僕にはその人の心の内を読み解くことは出来なかった

あなたも好きかも:バイオハザード5 スロット ウロボロス
「エルゥにも聞いて貰いましょう

これまでずっと一緒にいて、それで打ち明けないのも不義理だものね

巫女ちゃんと勇者ちゃんは……アギトちゃんに聞かれてるなら、今更同じよね」 ハーグさんはそう言って笑った

作り笑顔じゃない、本物の笑顔だった

安堵……だろうか

どこかリラックスした様子で、ハーグさんはゆったりと椅子に腰掛けて目を瞑る

「……私とレイは昔、王宮の騎士団に属していたわ

街を守る仕事では無く、魔獣を退ける仕事が主の団に