ルパン三世9 パチンコ 保留

ルパン三世9 パチンコ 保留

それで「やった!」と内心喜んだが、顔を上げる頃には、もう、彼は顔を背けてしまっていた

あなたも好きかも:mgm カジノ
……ぬか喜びで終わったようだ

 木に向かって俯き、一言も声を発さず、何もしない彼に優樹は困ってうろたえたが、これ以上出来ることが頭に浮かばず、ペコリと会釈してその場をあとにした

 ――胸のドキドキが止まらない

男子のあんな姿は初めてだ

よく白川も半べそを掻いていたが、それとは違う

 ……何か辛いことでもあったのかな

……嫌なことでもあったのかな

 とても気になるが、どこの誰かわからないし、しつこくし過ぎてうっとうしく思われても仕方ない

あなたも好きかも:バンガード パチンコ
 あんな姿を見てしまったら、なんだか自分の元気までなくなってしまう

「……早く元気になると良いけど」と心配しながら、「……はあ」とため息を吐いた

「大島先輩、おはようございます」「おはよう」 ――翌朝

あなたも好きかも:バカラ エトナタンブラー
曇り空を気にしながら送迎車で登校してきた優樹は、車を降り、校舎へと歩いていた

たまに顔見知りの生徒たちからあいさつをされ、笑顔で返す

いつもと同じ光景だ

 だが、優樹はふと顔を上げて足を止めた

 校舎に向かう道筋の向こう、昨日放課後に出会った“涙の男子”がベンチに座っている