セブンスダーク ルーレット 確率

セブンスダーク ルーレット 確率

「ぶっちゃけた話だ

隠し事はするなよな」「隠し立てをするようなことは何もないから早く用件を言いなさい

昼休みが終わってしまう

大島君に会わなくてはいけないんだから」「会わせねーよ、あんたにゃ」 部室の方を振り返る南尾に、洋一は真顔で軽く顎を上げた

「あんたさ、女子たちアトリエに呼んで、何してんだよ?」 唐突な質問に南尾は顔をしかめて首を傾げ、胸の前で腕を組んだ

あなたも好きかも:枝幸 パチスロ
「何とは? デッサンのことか?」「よからぬ噂が流れてンだぜ、あんた」「噂?」 更に不可解げに顔を歪めて首を傾げる南尾に、洋一はため息を吐いて少し睨んだ

「いい年した大人が、ガキ相手に性欲満たしてンじゃねーよ」 低い声で脅しに掛かった

あなたも好きかも:パチンコ 話題 ついていけない
さすがにとぼけ通すことは出来ないだろう、と

 だが、南尾は間を置いて瞬きを数回した

「性欲を満たす? 何を言っているんだキミは」「あんたントコに行って全裸の写メ撮られるわ、ヤってるトコ動画に撮られるわで女共が泣かされてる、そういう話がこっちにまで届いてンだよ」 喧嘩を売るような眼差しで睨み告げられ、南尾はパチパチと更に瞬きを繰り返していたが、間を置いてフッと笑、呆れ気味なため息を吐いた

あなたも好きかも:パチンコ ペルソナ3 中古
「妬んでいるんだろう」 一瞬耳を疑った

いや、何を言っているのかよくわからなかった

 洋一は「……ネタミ?」と少し考え、ようやく状況を理解すると「はぁっ!?」と愕然と目を見開いた

「こいつ、どこまでバカなんだ!?」と呆気に取られながら

 南尾は「やれやれ……」と苦笑しつつも誇らしげな笑みを浮かべて首を振り、また「フッ……」と鼻で笑った

「どこの誰かわからんが、わたしに妬んでいるんだ

馬鹿馬鹿しい」「……、馬鹿馬鹿しい?」 少し眉を動かして目を細める洋一に、南尾は苦笑して肩をすくめた