天王寺 パチンコ イベント

天王寺 パチンコ イベント

「ま、待て

あなたも好きかも:パチンコ 009 振り分け
龍の神子だと……? た、確か、西大陸の龍の暴走を止まったって噂の奴か?」 どういうことだと辺りが騒つく

 そう話す冒険者は西大陸の魔物の凶暴化をきっかけに、拠点を移したばかりだという

あなたも好きかも:ゴルゴ13 スロット 中段チェリー 恩恵
 その移動する前に、冒険者の情報通の連中から聞いた話だと語る

「そうか……彼女は龍の神子であったか」 それに聞き覚えがあったのは冒険者だけではなく、年老いたエルフもあったようだ

「どういうことでしょう?」「我々が地下道に幽閉されていた時、やたらに一生懸命な娘さんがいてなぁ

他の者とは違う魔力の流れを感じていたが……そうか、あの娘が……」「とにかく我々の味方であるのですかな?」 執事長からそう尋ねられると、老エルフはチラッとホワイト達を見る

「我々は地下道に幽閉された亜人種を守ることが任務だ

ここの人間を守れとは言われていない」「!」「だがアイシア様はお優しいお方だ、お前達も守れと仰るだろう

こちらから手を出すことはない

そちらが敵対心を見せぬ限りな」 そう言うとホワイト達の視線は屋敷の二階へと意識を向けた

 そこには人影こそなかったが、怯えた気配を感じると鼻で笑った

「では僕らにこの亜人種の方々を保護しろということですか?」「いや、とりあえず広い場所がなければこの者達の居場所がなかったからな

あなたも好きかも:ルパン パチンコ 期待値
地下道に長居は禁物だったし……」 アミダエルの放った魔物の毒ガスを爆発させたとはいえ、身体に害を及ぼさないという保証もなかった

 だからやむなく地下道の亜人種達を連れて外へ出たのだと話す

「その神子様は亜人種達の味方なのか?」 避難してきた者達がそう尋ねる

 国民達からすればもう信じられる者がわからなくなってきている

 目の前には自分達が蔑(さげす)み、反逆をしてきたであろう亜人達