パチンコ アグネス 119

パチンコ アグネス 119

皇魔は人類の天敵であり、滅ぼすべき邪悪なのだ

あなたも好きかも:らんま1/2 パチンコ 声優
 しかし、ミリュウの報告は、そういった従来の価値観に一石を投じるものであり、シヴィルたちが渋い顔をしながらも考え込んだのは、皇魔と争いを続けることに意味を見いだせなくなりつつあったからだろう

 時代が変わった

 少なくとも、かつてこの世を支配していた三大勢力は音を立てて崩れ去った

大地もばらばらに砕け散り、かつての常識は通用しなくなってしまった

あなたも好きかも:パチンコ屋 コロナ 感染率
皇魔の根絶に注力していれば、神軍に付け入る隙を与えることになるかもしれない

「協力関係は望めないでしょう」「そうでしょうね

アガタラのウィレドたちは、戦いを嫌い、地下に逃れたといいます

あなたも好きかも:パチスロ 黄門ちゃま 喝 評価
リョハンと協調することはあっても、戦力としてあてにするのは無理かと」「……戦女神様は、本気で、そのアガタラのウィレドと手を結ぶおつもりなのですか?」「手を結ぶ、というのは少々語弊がありますね

ミリュウの報告が事実ならば、アガタラは、リョハンと事を構えることを望んではおらず、わたしたちとしても、わざわざ皇魔の国を滅ぼすために戦力を派遣したくはない」 そんなことをすれば、神軍や近隣の敵対勢力に付け入る隙を与えかねない、と、彼女は言外にいった

 神軍は二度、リョハン制圧に乗り出している

二度とも撃退することに成功したものの、それで諦めるかどうかといえば、疑問の残るところだ

三度、四度、と、投入する戦力を増加させてくる可能性は決して低くない

そういう状況にあって、皇魔の“巣”をいちいち潰して回るのは、あまりに愚かではないのか

 もし、皇魔との間に停戦協定、不可侵条約などを結ぶことができるのならば、それに越したことはないのではないか

 ミリュウの報告は、戦女神にそのように思案させるに至ったのだ

「リョハンとて、戦力に余裕があるわけではありません