パチンコ バイクハンドル

パチンコ バイクハンドル

「……あいつか?」 問い掛けるが、生美は答えない

 代わりに、腕を掴み支える洋一の手に自分の手をそっと重ね置き、ギュッと握った

「……なんでもない

……少し、嫌な感じがしただけ」 数回深呼吸をしながら告げられ、その言葉を鵜呑みにする気はなかったが、洋一は肩の力を抜いて彼女を引き寄せ、全体重を掛けさせた

あなたも好きかも:出るスロット
「あいつには近寄るなよ

……なんか、信用出来ねーからな」 真剣な声色に生美は声に出すことなく頷き返事をすると、もう一度ギュッと洋一の手を握って、部活動生たちの間から見え隠れする糸原を睨んだ

 ――彼が何を企んでいるのか、それはわからない

ただ、ズシッとのし掛かるような力をずっと感じ続けていた

 “威圧”なのか、それとも“叫び”なのか

あなたも好きかも:三英 パチンコ
 いずれにせよ、爆弾への点火は終わっている

 そのことに気付かないまま、高校生活最後の、三年目の学園祭へと突入することになる

 数々の別れが待ち受けていることに、誰も気付かず……

それから数日間、特に大きな問題もなく日々を過ごす

 変わったことといえば、エリゼがやたらと睨みつけてくるようになったこと

僕が女子生徒に話しかけられることが増えたくらいか

モテ期かな? 今日はこれから魔術の授業がある

本格的に始まるのは3年生になってからなので、週に1回しか無いのだ

最近基礎を終えて、いよいよ実践に入る