パチンコ シゲサン

パチンコ シゲサン

「運が悪かった、いや間が悪かったのだろうな、モアよ

あなたも好きかも:スロット アイス
お前も王都の中にいれば、このような道化を演じることもなかったろうに……な」 若干の哀れみを込めてそう口にするモルガンの言葉に、モアは愕然としながらも問うことしかできなかった

「どういうことだ? なぜ、アレが長なのだ? なぜ、当主になれる? なぜ、お前たちはそれを容認しているのだ?」 なぜなぜ……と繰り返すモアに、二階にいるルイーズがついに一歩前に出た

そしてモアに対してルイーズがこう告げたのだ

「それはね

あなたも好きかも:スロット 出る台 2016
もう、こうする以外にキャンサー家が生き残る道がないからよ」名前:由比浜 風音職業:竜と獣統べる天魔之王(見習い)称号:オーガキラー・ドラゴンスレイヤー・ハイビーストサモナー・リア王・解放者(リベレイター)・守護者装備:杖『白炎』・ドラグホーントンファー×2・鬼皇の鎧・不滅のマント・不思議なポーチ・紅の聖柩・英霊召喚の指輪・叡智のサークレット・アイムの腕輪・白蓄魔器(改)×2・虹のネックレス・虹竜の指輪・金翅鳥の腕輪レベル:45体力:163+25魔力:443+550筋力:90+60俊敏力:99+50持久力:55+30知力:93器用さ:76スペル:『フライ』『トーチ』『ファイア』『ヒール』『ファイアストーム』『ヒーラーレイ』『ハイヒール』『黄金の黄昏[竜専用]』『ミラーシールド』『ラビットスピード』『フレアミラージュ』『テレポート』『カイザーサンダーバード』スキル:『見習い解除』『無の理』『技の手[2]』『光輪:Lv2』『進化の手[3]』『キックの悪魔:Lv2』『怒りの波動』『蹴斬波』『爆神掌』『コンセントレーション』『戦士の記憶:Lv2』『夜目』『噛み殺す一撃』『犬の嗅覚:Lv2』『ゴーレムメーカー:Lv5』『イージスシールド:Lv2』『炎の理:三章』『癒しの理:四章』『空中跳び:Lv2』『キリングレッグ:Lv3』『フィアボイス:Lv2』『インビジブルナイツ』『タイガーアイ』『壁歩き』『直感:Lv3』『致命の救済』『身軽』『チャージ』『マテリアルシールド:Lv2』『情報連携:Lv3』『光学迷彩』『吸血剣』『ハイ・ダッシュ』『竜体化:Lv4[竜系統][飛属]』『リジェネレイト』『魂を砕く刃』『そっと乗せる手』『サンダーチャリオット:Lv3』『より頑丈な歯:Lv2[竜系統]』『水晶化:Lv3[竜系統]』『魔王の威圧:Lv2』『ストーンミノタウロス:Lv2』『メガビーム:Lv2』『真・空間拡張』『偽銀生成』『毒爪』『炎球[竜系統]』『キューティクル[竜系統]』『武具創造:黒炎』『食材の目利き:Lv3』『ドラゴンフェロモン[竜系統]』『ブースト』『猿の剛腕』『二刀流』『オッパイプラス:Lv2』『リビングアーマー』『アラーム』『六刀流』『精神攻撃完全防御』『スパイダーウェブ』『ワイヤーカッター』『柔軟』『魔力吸収』『白金体化』『友情タッグ』『戦艦トンファー召喚』『カルラ炎』『魔物創造』『ウィングスライサー』『フェザーアタック』『ビースティング』『弾力』『イーグルアイ』『ソードレイン:Lv4』『空中跳び[竜系統]』『暴風の加護』『最速ゼンラー』『ソルダード流王剣術』『タイタンウェーブ』『宝石化』『ハウリングボイス』『影世界の住人』『知恵の実』『死体ごっこ』『ハイパーバックダッシュ』風音「ぼーーーーーー」弓花「風音、寝ちゃだめよ」風音「うん、我慢する」

あなたも好きかも:vプリカの使い方
「キャンサー家が生き残る道が……ないだと? キャンサー家がどれほどの歴史を誇っているのか分かっているのか

未だ百も半ば届かぬ小娘が何を偉そうに言うか!?」 そう憤るモアに、ルイーズが首を横に振る

「キャンサー家の歴史はお爺さまの歴史よ

お爺さまがいなくなった時点で、それを受け継ぐべき者がいなければ衰退するだろうことは、誰しもが感じていたことのはずだけど?」「それは私がッ」「現時点においての当主代理はローアであってあなたではない」 その言葉にモアが唸る

「そしてローアも代理でしかない

お爺さまの威光を使って、悪魔狩りを運営していたに過ぎない」 その言葉をローアは否定しない

ゼクウを支えることがローアの生き甲斐であり、ゼクウに取って代わろうなどとローアは思ったこともなかった

「良くも悪くも悪魔狩りは、ゼクウ・キャンサーという存在によって支えられた組織だった

それは誰もが認めることで、その代わりが存在しないことを誰もが理解しているはずだけど?」 それはルイーズが言うまでもなく、皆が分かっていることだった

ゼクウという一本の支柱に支えられていたのが悪魔狩りという組織だ

だからこそ、国を跨いでも、時が経っても腐ることなく組織は続いていた

だが、それももう終わる

「では、お前ならばその代わりが務まると?」 苦みばしった顔をしたモアの問いに、「無理に決まってるでしょう」 ルイーズはあっさりとそう返した