パチスロ 沼

パチスロ 沼

風音は苦い顔をしながら尋ねる

「その結論になった理由は何?」 目の前の老人の言葉が正しいとしても、どうにもこの老人はおかしい

妄執にとり憑かれているようにしか見えない

「私が見た現実世界のようなものも仮想世界だったのだろうよ」 しかし風音の言葉には応えず、老人は自分の考えだけをぶちまける

あなたも好きかも:パチスロ 押忍 番長3
「結局のところ、私たちは奴らの手の上で転がされているに過ぎないということだ

『管理者』どもに」「管理者?」 それは今までの話の中で初めて出た言葉だった

風音の胡散臭そうな視線に老人はなおも興奮気味に声を出す

「この世界に神がいるのは知っているな?」「うん

あなたも好きかも:宮城 パチンコ 旧イベント
話だけなら」 風音も神の実在をデュラハン討伐の際に聞いていた

「あれが管理者だ

この世界に降り立ち、自分達が見物するために私たちをこの世界に喚んで、それを見て笑っている」 老人が歯ぎしりをしながらそう言った

その目は憎悪に燃えていた