兵庫県 パチスロ

兵庫県 パチスロ

「怠そうね風音」「朝はやっぱりダメだね

人間は昼に起きて朝は寝るものだよ」「いや、健康的にいきなさいよ

ただでさえ、こっちの生活リズムは朝早くて夜早いだから」「うはー、まあ夜起きててもゲームも出来ないしいいんだけどね」「ゲームはともかく娯楽は確かに少ないんだよね

こっちは」「だねえ

あなたも好きかも:暇 パチンコ以外
まあ、とりあえずは冒険者ギルドでクエストとインストラクターを探そうよ」「ラジャー」 という流れで風音たちはギルドの事務所に向かっていた

あなたも好きかも:北斗の拳 修羅の国 スロット やめどき
「あれ?」「どうしたの?」「知った匂いがする

あなたも好きかも:パチンコ カジノ 売上
事務所にプランさんに、親方もいるみたいだねえ」 くんくんとする風音に弓花は「犬かお前は!」と心の中でつっこみを入れるが(ああ、あのスキルか) と実際に『犬の嗅覚』だったなと思い出す

 二人が冒険者ギルドの事務所に入ってみると風音の言葉通り受付にはプランと親方がいた

「よう嬢ちゃんがた」「おやあんたたちかい

ちょうど良かったね」 二人の挨拶に「おはようございます」と返す風音と弓花

「親方どうしたんですか」「おう、実はモンドリーの調子が思ったよりも良くなくてな

もうちょいこの街に残ることにしたんだわ」「モンドリーさんが?」 弓花の心配そうな顔に親方は気軽に言葉を返す

「そんなに気に病むこたぁねえよ

一週間もありゃ治るって医者にも言われてるしな

ま、そんなわけで滞在費稼ぎにクエストでも受けようと思ってよ」「なるほど

それでプランさんのちょうど良かったというのはなんですかね?」「それがね

こちらのジョーンズさんがあなたたちがいるなら組んでみたいって言っててね」「いいの?」 風音は思わず聞き返す

親方のレベルは確か32はあったはずだ