おそ松さん スロット 朝一

おそ松さん スロット 朝一

Bloggerの推奨事項:

 生きる気力を失った少女ですらわかる、この人はおかしいと

 とはいえ反論や抵抗する気力も体力もない

殺してくれるなら儲けものだと考えた

 だから下手に喋らずに大人しくしていると、むしろそのことに興味を持ったのか、ジーっと見ている

あなたも好きかも:4号機 ブラックジャック
 少女の顔を覗き込むようにジーっと、しつこくジーっと見る

「……何?」 その視線のプレッシャーに、堪らず掠れた声を出す

「おっ、やっと口聞いてくれた

……ていうか声ガラガラだねぇ」 この状況で察しろと、そっぽを向く

あなたも好きかも:パチンコ グッズ プレゼント
「で? 何なの?」 いい加減気に触るから、どっか行けと攻撃的な言い方をするが、怯む訳もなく

あなたも好きかも:秋田社長 パチンコ
「いやぁ〜、どうして繋がれてるのかなぁ〜って」 いちいち頭にくる喋り方と態度

少女の前をうろうろしながら、のらりくらりと話している

「私が闇属性持ちだからでしょ

……もうあっち行って」 こう言えばわかるだろと吐き捨てる

この国の社会情勢を理解していれば、幼子でもわかるが――、「ええ〜っ!? 意味わかんない〜?」 無邪気な子供が好奇心旺盛なままに、尋ねて回るような小馬鹿な感じで返答

 少女はここに繋がれて数年経ち、人間らしい会話をロクにしてはいなかったが、今までにないタイプの人間との会話にふつふつと怒りを覚える

「……」 不機嫌そうな表情に変わると、彼は嬉しそうに嘲笑した

「へぇ〜、ちゃんとそういう顔できるじゃない」「――っ」 その人を見下し小馬鹿にする態度に、さっきまで生きることへの絶望で染まっていた少女の瞳にボッと火がついたように生気が宿る

「さっきから何なの? 見ればわかるでしょ? もう放っておいてっ!!」 自分の意思を伝えたのは久しぶり