ジャンプ作品 スロット

ジャンプ作品 スロット

Bloggerの推奨事項:

銃声の後、シュトの視界に入る曇天の空を飛んでいた"紫の紙飛行機"が墜落する

《後1発撃ったら、弾を補充した方がいいな

それにしても、乗馬しながらの射撃も練習していたなんて、エリファスは本当にシュト達に俺が教えた事を確り引き継いでくれたんだなぁ》「キャラバンの用心棒の時とかな、自分でわざわざ馬を借りなくてもいい時に散々やったよ、まあ鞍も鐙もないのも初めてだけれども

アトは大きな動物が好きで、この訓練はやりたがっていたから、ある意味俺より上手いし

でも、この一角獣は馬よりも余程撃ちやすい、撃っても驚かないしな」音の概念が余りないのか、併せて"武器としての銃"の意味がわかっていない精霊―――一角獣や鎌鼬達も、一応銃声の音には反応し、発砲する度に、各々の動作を続けながらシュトの事を見つめてはいた

あなたも好きかも:saya パチンコ
ただ、全ての精霊が怯えたりする様子がないのはありがたいし、鎌鼬は結構な揺れがある一角獣の頭の上に大人しく乗ってくれているのも助かる

―――領主邸を"ウサギの賢者"ことネェツアークに託された一角獣に跨がり鎌鼬を連れ、シュトにはさっぱり理屈はわからないが、自分の"大先輩ジュリアン・ザヘト"が銃の中に意識を宿し、行動を共にしていた

今は右手に硝煙が上がる銃を持ち、左手を駆ける一角獣(ユニコーン)の凛々しい鬣(たてがみ)を掴む

あなたも好きかも:パチンコ リング 呪いの7日間2 甘
シュトの左手の小指に、曇天の元でも涼やかに感じる銀色の輝きの指輪が填まっていた

その指輪の下に、艶やかな一本では薄紅色をした乙女―――リリィの髪が、一角獣を従える為に巻き付いている

ネェツアークに頼まれ、シュトを見定めた上で鎌鼬や一角獣をを与えてくれた、先代領主夫人で現領主の母シネラリアを、紙飛行機を撃ち落としたことで、シュトは思い出す

「―――なあ、さっきはシネラリア大奥様に、リリィ達の事を頼むって言っちまったけれど、大丈夫か?」《シネラリアも"天后(てんこう)"という式神を扱えるし、"戦える人"ではあるから大丈夫だとは思うんだけれども―――ね》「俺も、リリィの側にはクラベルさんや、御館様がいるわけだから、大丈夫だとは思うんだけどさ」ロックの部屋で片付けた紫の紙飛行機を始まりとして、貴賓室で4機に加え、こうやって合流の為に関所の方に向かう途中で、「また―――"3機"だろ」と、硝煙が途切れた銃を見つめながらシュトが心配そうに口を開く

《これで、シュトの弟のアトが銃を持っていたなら、紫の紙飛行機が結構な数が飛んでいたとしても、心配はないんだろうが》気持ちを代弁するかの如く、銃のジュリアンが小さく孫弟子に向かって発言する