ルーレット フリー

ルーレット フリー

Bloggerの推奨事項:

しかも、出入り口がひとつしかない上、窓がなく、出入り口さえ閉ざしてしまえば、外部から中を見られることがない

出入り口には三武卿を立たせれば、だれも立ち入ろうとはしないだろう

ニーウェハインが己の姿を外部から遮断する上で、真霊の間ほど利用しやすい部屋はないのだ

 そのことを考えると、余計に不安になる

あなたも好きかも:虹色 パチンコ
「あ、ああ……それは構いませんが、いったい……?」「陛下が先程からセツナ殿の名を呼んでいるんだ

ずっと、ずっと……」「俺の?」 セツナは、ミーティアからの予期せぬ発言に驚きを禁じ得なかった

陛下だってセツナ殿が帝都にいないことは知っておられるはずなんだけど、どうも様子がおかしくて……こんなこと、いままで一度だってなかったんだ」 ミーティアの様子を見れば、彼女がいかに深刻に現状を捉えているかがわかろうというものだ

あなたも好きかも:ガールズ&パンツァー スロット リセット
それはつまり、ニーウェハインの様子がいつもとは比べものにならないくらいおかしく、奇妙だということだ

たとえニーウェハインが白化症に冒されているという事実を隠していたとしても、常に彼の傍らにいる三武卿や大総督がなにがしかの異変を感じ取らないわけもない

あなたも好きかも:パチンコ マルハチ
それがなんであるかがわからないだけで、ニーウェハインがなにかしらの病状を抱えている可能性については思い至っているのではないか

だからこそ、不安が掻き立てられ、いまにも涙を零れさせそうな表情にもならざるを得ない

 セツナには、ミーティアたちが哀れでならなかったし、これ以上の心配をさせたくないからという理由で、白化症の発症についてひた隠しにするニーウェハインの気持ちもわかるから、沈黙するしかない

「ランスロットもシャルロットも、ニーナ様だって、こんな状態の陛下は初めてだって」「どういう状態なのでございます?」「わからない」 ミーティアは、小さく頭を振る

その力のない挙措動作が、普段の自信と活気に満ちあふれた彼女からは限りなく遠いものであり、セツナはなんともいえない気持ちになった

「直接逢ってお話することも許されなくて

それをしたら、絶対に許さないって……」「陛下が?」「うん

だからぼくは、ここで陛下の声を聞くしかできない