スーパー海物語 in 沖縄2 スロット

スーパー海物語 in 沖縄2 スロット

あなたも好きかも:discord ルーレット
セルクらアガタラのウィレドたちは、ただ静かに暮らしたいだけだと、いう

そのために地下に隠れたのだ、と

人間に関わろうとさえしなければ、人間もわざわざ干渉してくることはない

あなたも好きかも:スロット 精算 方法
だが、地上にいれば、そうもいかない

あなたも好きかも:シーズウェア オンラインゲーム
人間は、無意味に領土争いをしたり、戦争を起こしたり、皇魔討伐の軍を起こす

地上に安息の地はないと考えたウィレドたちが地下に居場所を求めたのは、ある意味では当然だったのかもしれない

 しかし、セルクはこうもいう

『単純に我らが争いを嫌う温厚な一族だというだけのことだがな』 つまり、すべてのウィレドが温厚で、人間との衝突を嫌って地下に国を持っているわけではないということだ

 ともかくも、“転移門”と呼ばれる大樹の通路を通り抜け、落下することなく空中に浮かんだまま、広大極まりない地下空間に辿り着いたミリュウたちは、目の前に広がる幻想的な光景にただただ圧倒された

それはまさに地底の楽園と呼ぶに相応しいものであり、だれもが夢でも見ているのではないかと想っただろうし、現実を疑っただろう

かくいうミリュウも、目の前に現れた光景の凄まじさに言葉を失い、しばし茫然とするほかなかった

それほどまでに地底世界に広がるアガタラの情景というものは、美しいものであり、想像を絶するものだった

 ミリュウの想像では、こじんまりとした小さな集落が地下空間にぽつんと佇んでいるだけだった

だからこそ、簡単に滅ぼせるなどといったのだが、蓋を開けてみると、とんでもない思い違いだったということに気づかされた

 まず、地底世界そのものが想像を遥かに越える広大さを誇っていた

あざやかに輝く天井部から地底に広がる大地までの高低差は、リョフ山に匹敵するだろうか

それくらいはあると見ていい

垂直面の広さだけでなく、水平面の広さも凄まじい