スロット 腰痛

スロット 腰痛

Bloggerの推奨事項:

サリウスとしては、女性らしく振る舞うヴィゼンよりも、少年としてのヴィゼンのほうが遥かに好みなのだが、あえてなにもいわなかった

 趣味や性癖に口出しするのは野暮というものだ

「わかってるよぉ

だから納得したんじゃないか」「喧嘩しない、さっさと行く!」「はーい!」 ヴィゼンは元気よく声を上げると、サリウスに背を向けた

そのとき、彼のうなじがわずかに発光していることに気づいたのは、サリウスだけだろう

あなたも好きかも:十王 パチンコ
ヴィゼンの姿が、サリウスの視界から掻き消える

いや、実際には消えてなどいないはずだ

あなたも好きかも:スロット 5.5枚 期待値
消失したかのように錯覚するほどの速度で、彼の目の前から飛び出していったのだ

 サリウスは、不意に崩れ落ちたシュレルの体を抱きとめると、親衛隊のひとりを呼んだ

あなたも好きかも:ブラックラグーン パチスロ
「リッシュ

シュレルを頼む」「任されました」「うむ」 リッシュに預けたシュレルは、目を見開いたまま、硬直していた

突如として意識を失った、というわけではないのだが、知らない人間からすればそうとしか思えないだろう

淡く発光するシュレルの肌が、彼の身にただならぬなにかが起きていることを示している

そして、シュレルの身に起こったことと同様のことが、ヴィゼンの身にも起きている

(哀れなものだ) サリウスは、ヴィゼンとシュレルがこのような戦い方をするたびに、ふたりのうちのいずれかが気絶したかのような姿を見せるたびに、ふたりとの出逢いを思いだして胸を痛めた

 ふたりは、外法によって心を破壊されていた