笑うセールスマン スロット 笑

笑うセールスマン スロット 笑

 冒険以外で「円卓の騎士」が戦死した出来事は、主に「聖杯探求」「ランスロットの不義」「カムランの戦い」です

 これらを俯瞰で見ることによって『アーサー王伝説』はより理解しやすくなります

 今回で「アーサー王伝説」のまとめを終わりに致します

 次回からは「剣と魔法のファンタジー」によく出てくる種属やモンスターなどについて取り上げていく予定です

事典【巨人族】 世界の神話を見ていると、天地を造った知的生命体「神」は「巨人」であることが多い

 そもそも宇宙は広大であり、地球も大きいのです

 それを作り出した者も、それに見合った大きさを持っていたと考えたのでしょうか

 また「神」は人間を生み出したので、人間が土偶を作るように、「巨人」が人間を作ったという流れかもしれません

あなたも好きかも:ガンソード パチスロ 演出
 そこで創世神話における「巨人」についてお話致します

ギリシャ神話 ギリシャ神話では原始の神カオスは「この宇宙そのもの」であり、もはや巨人とすら言えません

あなたも好きかも:結城友奈 スロット エンディングストーリー
 ガイア、タルタロス、エロースも存在や概念そのものなので、巨人ではないですね

 カオスとガイアの子である幽冥・暗黒神エレボス、夜の女神ニュクス、天空神ウラノス、海神ポントスも存在が大きすぎるので巨人と呼べるほどの大きさになりません

 なんとか巨人と言えるようになるのはウラノスの子・十二柱の「ティターン神族」からになります

のちにウラノスを殺して主神の座に即いたクロノスを始めとする「ティターン神族」は、クロノスがのちに自らの子、ハーデスやポセイドンなどを生まれては丸呑みしていくほどの大きさをしていたそうです

これによりクロノスが巨人サイズであることは確実でしょう

 問題はどれくらい大きいのかです