スロット 緑ドン2

スロット 緑ドン2

「あたっ

……すみません」「うーむ

あなたも好きかも:ダンまち スロット 設定
小突かれても、その反応か……

そういうときは、何するんじゃー! って言い返すのじゃ! 敬語はなしでな!」「は、はいっ

そうしますっ」 また目一杯頭を下げてしまう

あなたも好きかも:平均回転数 スロット
 さらに、いま言われた敬語はなしなんて話は吹き飛んでいた

 当然のように、また優しく小突かれる

あなたも好きかも:パチンコ 刃 牙 潜伏
え、えっと、よしっ――な、何するんだぁーあ!?」 一呼吸置いて、今度こそと意気込んでから言い返す

 今度こそ敬語を取り払ってみせた

期待をこめてお爺さんたちを見たが……、「棒じゃの」「棒読みじゃ」 駄目だった

 文法としての言葉は合っているかもしれないけど、会話としてはイントネーションなどが不自然すぎたのだろう

 困ってしまった

 こんなにも敬語以外が難しいとは思わなかった

生まれてからずっと敬語だけ使えればいいと思っていた代償がこんなところで出てくるなんて……

 途方にくれる私を見て、お婆さんは手を叩いて提案する

「そうじゃ

試しにわしらの喋り方を真似てみい」「え、真似ですか……? それなら……」 できるはずだ

 イントネーションのほうも、目の前に手本がある