サーペント・シュライン

サーペント・シュライン

 むしろ神殿長としては当然の行いとも言える

 それが分かっているからこそ、考助も無視をしていたのだ

肝心の調べている蔵書は、彼らが言っていた通り、この町の歴史についての物だけでした」「そうですか」 報告に返事をしつつも、神殿長は首を傾げた

あなたも好きかも:スロット 東京 江東区
 この町の起こりなど、ごく普通の冒険者が調べるような対象とは思えなかったのだ

あなたも好きかも:スロット 最強 フリーズ
 主神から直接神託を受けるような冒険者が、普通であるかどうかは別だ

「ともかく、明日も来るようですから、引き続きお願いします」「わかりました」 返事をしてでて行こうとする神官に、アドリアンは慌てて付け加えた

「くれぐれも余計な手出しはしてはいけませんよ?」「・・・・・・はい」 久方ぶりに起こった神々の降臨は、未だ神職たちの記憶からは消えてはいない

 神々は、神域に籠っていてこの世界に直接手出しをしてこないという認識が、改めて間違っていると気づかされた出来事だったのだ

 この町の神殿を守る神殿長として、再び同じようなことを起こすわけには行かない

 結局、考助達の行いは、見守ることしかできないのが神殿長としての限界なのであった

神殿長であるアドリアンは、珍しいことに(?)きちんとした感覚を持っている神官です

監視を付けるのは、神殿長としては普通の行為の範囲内です

あなたも好きかも:スロット 機械割 意味
なにしろ、神からの神託を受けるような者達ですから

考助達がアルキス神殿の蔵書を調べ始めてから既に五日が経っていた

 その間、何も成果が無かったわけではなく、むしろ逆だった

 五日目の夜

 宿の部屋でその日の結果のすり合わせをしていた考助達は、一つの結論に達していた

「これはもう確定だろうね」 考助のその言葉に、全員が頷いた

 昨日あたりからは、町の事ではなく神殿に限って調べていた