スロット 専業 きつい

スロット 専業 きつい

そう『冒険』で学んでいた私は、城内を駆け回り続けた

しかし、その調査の途中で、一人の使徒が私を呼び止める

「――ティアラ! 話があるわ! とってもいいお話がね!」 この二年で仲良くなった女性が、私の前に立ち塞がった

あなたも好きかも:wifiジャマー パチンコ
「シス姉? ……話ってなに?」 私は敬語を使わず、友人として話す

ちなみに、この愛称を『理を盗むもの』以外で許されているのは私くらいだ

なので、ちょっとした自慢である

あなたも好きかも:dmc4 パチンコ 甘
「ふっふっふ

これから先の戦いを確実に乗り越えるための完璧な計画よ

計画名は『光の御旗』、そう私たちは呼んでるわ――」 ただ、その姉代わりとなってくれた使徒は、妹分である私に犠牲となることを強いろうとした

あなたも好きかも:信号 スロット
 シス姉の持ちかけた話を全て聞いたとき、流石の私でも表情が濁った

「――えーっと、つまり、私がフーズヤーズの旗印に?」「ええ、そうよ! ありがたく思いなさい! ティアラ・フーズヤーズは大陸統一のための礎となれるのよ! 私たち使徒の目的達成のために死ねることを、誇りに思いなさい! あなたは使徒シスの選んだ『聖女』として、永遠に歴史書に残るのだから!!」 友人の癖に、何の迷いもなく私の死を口にする

 いつも通りのシス姉だなと思いながら、彼女の後ろに控えていたもう一人の使徒ディプラクラ様にも目を向ける

「……うむ、いまシスの言った通りじゃ