岡山 スロット 鬼ヶ島

岡山 スロット 鬼ヶ島

ライトで照らすとど真ん中には一階建ての古い平屋が建っていてマイカは制服から鍵を取り出して歪んだ引き戸の玄関をガタタッと音をさせて開いた

「ほら、行くぞ

あなたも好きかも:まどマギ バチンコ
女子の家だが 入れたからと言って、勘違いするなよ」マイカはニヤニヤ笑いながら日本人形をブラブラと揺らして中へと入っていく

あなたも好きかも:別府 パチンコ 休業
玄関内外のの明かりが点いた

「もとの高崎家には住んでないのね……」「たしか、海の近くだったよな?」「そうそう

子供のころ、近くまで行ったよね」「そんなこともあったな……」「マイカ先輩は、中学のころから山奥で一人暮らしです

 御両親は海外にビジネスで行っています

 お二人は昨日までとは中身が違うから、知らないんですよね? 先輩からはそう聞かされました」「ありがとう森下君

 あ、でもマイカちゃんから植え付けられた こっちのマイカちゃんの記憶の中に たしかそんな覚えが……」「元々知らないのに、むりやり知らされているのが分かるのも気色悪いな」「そうよね……」などと半ば混乱したような会話をしながら三人でマイカの家の中へと入っていく

家の中は木造で玄関も廊下も無駄な家具がひとつもなく整然としていた

廊下の奥の部屋から「こっちだ

早くこい」俺たちは引き戸を閉め靴を脱いで、慎重に廊下を進みそして奥の部屋へと入る

あなたも好きかも:スロット 完走なし
殺風景な四畳ほどの部屋の真ん中にちゃぶ台が置かれていて座布団が四人分敷かれていた

マイカは急須から湯飲みに茶を淹れている

意外とまともでホッとしながらそれぞれ座布団の上に座ると「では、二人が精神世界で体験した内容を話してもらおうか」マイカは茶を配りながら言ってくる

お茶を全員分入れ終わるとさらにマイカは天井から吊るされている裸電球の下に伸びているスイッチのひもに"ぱんつまん"と額に書かれたあの画びょうだらけの日本人形を逆さに吊るす