東海大学前 パチンコ

東海大学前 パチンコ

まだ確信は出来ないが……仮に生きていたとしても回復まで時間が掛かる筈だ……」 九尾の狐を倒し、肩で息をしつつ衣類という護る物が無くなっている事で全身が爆ぜる程に大きなダメージを負った二人は九尾の狐から落ちた頭を見る

鮮血が切り口から流れ、小さな水溜まりを作り出していた

首は血液を多く通す所

その光景は何ら不思議では無いだろう

「けど、何とか流星を破壊出来て良かったね……」「ああ

私一人では無理だった

あなたも好きかも:パチンコ アクエリオン 199 保留
ありがとう、レイ」「そんな……私も同じだよ

私一人じゃ出来なかったもん

あなたも好きかも:蒼穹のファフナー スロット クリスタル
ありがとね、フォンセ」「ふふ、面と向かって言われると少し照れるな……」「うん、同感」 苦笑を浮かべ、頭を掻くフォンセ

レイもその言葉に同意し、辺りには涼しい風が吹いた

 流星の余波は消し切れずにレイとフォンセや周囲に甚大な被害が被《こうむ》ってしまったが、何とか消し去る事は出来たらしい

 倒したと確信し、九尾の狐の頭と身体から離れて距離を置くレイとフォンセ

フォンセの魔術ならば衣服を作る事も可能なので、先ずは服を着る事にした

 レイ、フォンセの戦闘はこれにて終わりを迎えたのだった

***** ━━怨めしい

憎たらしい

腹立たしい

怨めしい

怨めしい