パチンコ 中森 明菜

パチンコ 中森 明菜

Bloggerの推奨事項:

 セツナたちの元にもたらされる魔晶機械は、いずれも完成品といっても過言ではない出来映えであり、動作不良を起こすような代物はほとんどなかった

 明確に故障したものといえば、魔晶焜炉くらいだ

 その魔晶焜炉も、結局の所、便利だからと使いすぎたから故障したという話であり、余程のことがなければ壊れるような代物ではないということだった

あなたも好きかも:パラッツォ 小手指 スロット
しかも、この情報を元に改良し、耐久性を向上させた魔晶焜炉を急ぎ開発し、送り届けてくれるという

 いくらセツナに恩を感じているとはいえ、ミドガルドのひとの良さには、驚かされるしかない

 そんなミドガルドだが、魔晶機械の設置と説明を終え、エリナとエスクが満足した様子を見ると、ふたりを船に乗せ、島を去った

 セツナたちは、もちろん、島を去る三名を見送ったが、船に乗った瞬間に姿を消した彼らが、離陸の際、どのような表情をしていたのかはわからなかった

 ただ、三者三様に満足していたことだけは、確かだ

あなたも好きかも:艦載機 熟練度 スロット
 そして、それから数日が過ぎ、現在に至る

 久々にひとりで寝ているところをラグナとミリュウのふたりに叩き起こされたのは、とても平穏な一日の幕開けとは思えない出来事だろうが、セツナにとっては極めて日常的な状況であり、ありふれた光景といってもよかった

 どうせ、ミリュウかラグナのどちらかがセツナの寝室に忍び込み、なんらかの方法で起こそうと画策していたのだろうし、その計画が露見した挙げ句、セツナ起床競争となったのだ

 ふたりの美女がその美貌をまったく意に介することなく、髪を振り乱し、胸を曝け出してまでセツナを取り合う様は、修羅場というほかあるまい

 そして、その修羅場こそが、この魔王城の日常風景なのだから、セツナには発する言葉もなかった

 そんな風にして叩き起こされたセツナだったが、むしろ、今朝の修羅場は増しなほうだと想わざるを得なかった

 日によっては、レムやウルク、シーラまでもが乱入し、加速度的に混沌を極めていくことだってあるのだ