スロット バカ一代

スロット バカ一代

Bloggerの推奨事項:

 地面を歩く足には無数の木の根っこがあり、歩くたびに千切れては地面に根を張るの繰り返しである

「おそらく地脈の流れに干渉し、魔力を常に循環してるんだ

そのループが奴の魔力壁の正体だろう」 腐っても魔物ってわけだね

いや、魔物のトップに君臨する魔人だからこそか

「だったら先ずはあの足を地面から離すところからしないといけないわけ!? ああっ! 問題山積みだよ〜」「いえ、その問題は解決できるかも……」「へ?」 課題が増えると思った矢先、何か閃いたアルビオ

あなたも好きかも:未来 パチンコホール
「この先にいくつか散らばった浮遊石があるはずだ」「浮遊石?」「クルシアが天空城を落とすために破壊したものだよ」「!」「シドニエさん

確か貴方は地属性の精神型ですよね?」「は、はい」「造形魔法は得意ですか?」「ぞ、造形ですか? ううーん……」 造形に浮遊石の残骸と聞いて、俺はアルビオの言わんとしていることに感づく

「多分、大丈夫です

エルクさんの造形魔法も勉強させてもらいましたから……」 そういえばエルクのゴーレムは戦隊ロボだったような

あなたも好きかも:名古屋 パチンコ イベント 日
「つまりアルビオが言いたいのは、その浮遊石をあのゴーレムの回りで再構築して、浮かせてしまおうってわけ?」「はい! それなら動きも封じられますし、魔力壁の増量も無くなります」 ただ浮遊石の残骸の量次第では、この作戦を決行すること自体が難しい

 それをわかっていてかフィンを偵察に飛ばすと、精霊遣いが荒いなと文句を口にしながらも去っていく

あなたも好きかも:tm レボリューション パチンコ
「後はドレイン系の魔法のオリジナルを……」 するとシドニエは恐る恐る手を挙げる

「なに? 時間がないんだし、さっと言う!」「き、禁術はどうですか?」「!?」「禁術……!」 明らかに物騒な魔法を口にしたシドニエは、あまり口にしたくなかった様子

 周りからも警戒するような感覚が襲う

 するとアルビオが珍しく怒った剣幕で話す

「それはダメです! わかっていますよね!?」「ううっ……でも、あれだけの魔力を吸い出すと考えると、それしか思い付かなくて……」「な、なに? 何のこと?」 さっぱりわからないと俺がきょどっていると、表情を曇らせたアルビオが流し目に語る

「シドニエさんの言っているのはおそらく、生贄(サクリファイス)です」「あっ!」 確か人精(じんせい)戦争で、精霊達の心の傷(トラウマ)になって、人間と疎遠になるきっかけとなった禁術

「確かにそれを使えばあの膨大な魔力を手中に収めることは可能かもしれません