攻殻機動隊 スロット 電脳ハック

攻殻機動隊 スロット 電脳ハック

Bloggerの推奨事項:

漆黒の穂先が純白に膨張したかに見えた次の瞬間、爆発的な光の奔流が前方へと放出される

光芒は、一瞬にして虚空を貫き、粉塵を消し飛ばしながら攻撃者へと殺到した

攻撃者の姿が見える

真っ白な左半身を持つ人間のような生き物

(なんだ……!?) それを目の当たりにした時、セツナに戦慄が走った

 それは、明らかに人間であり、人間ではなかった

 人間のような、としか形容しようのない化け物なのだ

あなたも好きかも:パチンコ・パチスロ産業21世紀会
右半身は人間だった

人間、三十代半ばくらいの男性

あなたも好きかも:スロット 甘い 台
しかし、左半身は不気味なまでに膨張し、真っ白い腫瘍のようになっていた

そして、その真っ白な腫瘍からいくつもの触手のようなものが伸びていたのだ

うねうねと動き、生きていることがわかった

 そう認識したときには、光芒が化け物を飲み込んでいる

 爆発が起きる

 威力を収束させた破壊光線による爆発は、小規模だったし、攻撃前に周辺にひとがいないか確認済みだ

だれも巻き込みはしない

 爆発光が視界を白く染め上げる中、セツナは、全身が泡立つのを認めた

異様な生き物を目撃してしまった

これまでこの世界で見てきたどの生き物よりも醜悪で奇妙な怪物だった