エヴァ スロット 777

エヴァ スロット 777

Bloggerの推奨事項:

一旦村の外まで退却しようぜ!」「そうよね……あっちの方向に行こ」 マイが指差した方に、ティスティとミレイは手を繋ぎながら移動した

(かなり仲良くなったんだな……じゃあ、俺もーー)「痛っ!?」 そんなことを感じながら二人を見ていてたらいきなり背中をつねられ、振り向いてみると……そこには、「……一斗♪」「は、ハイ! なんでしょう、マイさん?」 笑顔なのが逆に恐ろしく感じて、一斗はマイに向かって敬礼した

「疲れた……おんぶ」 マイは両手を広げて、おんぶしてもらう気が満々のようだ

「おんぶってな、お前はガキかよ! まぁ……いいけどな

あなたも好きかも:秋葉 パチスロ
ほら、早く背中に乗れよ」 ぶっきらぼうになりながらも了承してくれたことにマイは嬉しくなり、もたれかかるように一斗の背中に覆いかぶさった

あなたも好きかも:パチンコ ベルセルク
(これは!?) 一斗はマイを背負った瞬間に、あることを感じた

「なぁに、一斗

あなたも好きかも:学園黙示録 パチンコ 期待値
マイの胸の感触に欲情しちゃったの?」 俺が何かを感じたことを察したマイが、ニヤニヤしながら後ろから顔を前に出してきて、俺の顔をのそ〜っと覗いてきた

「胸? どこにそんな感触がーーイテテテッ」「……何か言いたそうね、一斗? 命が惜しくなかったら聴くわよ?」 マイは後ろから一斗のほっぺたを思いっきり横に引っ張った

「ぬわんでも、はりまへん! ブルルル、急いでティスたちに合流します!」 一斗はマイを背負ったまま勢いよく立ち上がって、そのままダッシュでティスティたちがいる方向に走り出した

(まったくよぉ、こいつは

あの魔法(スペース・ロード)はやっぱり相当マナを消耗するんだな

体中のマナがガス欠寸前じゃねぇーかよ……それなら!) 一斗は自分の氣を〈集〉で活性化させ、背中を通してマイに氣を流していく

「あっ」 そのことに気が付いたマイは一瞬体を起こしたが、体中がだんだん温かい氣で満たされていくのを感じた

そして、身を一斗に預けていき、徐々に目を閉じていった

(あなたはどうなっても、そんなところは変わらないのね、一斗

ありが……とう) ◆マーティカのむら郊外「一斗ー! こっちこっち!」 村を出る門の外で、手招きしているティスを発見した

「わりぃー、遅れた

誰かと遭遇したか?」「ううん、誰にも