スロット バースト エンジェル

スロット バースト エンジェル

 この間、前衛を出した残りの第49旅団もH第4連隊の後方に進みましたが、この地帯はサン=プリヴァーやアマンヴィエから見通しが効き、砲撃やシャスポーの狙撃が集中してしまいます

一緒に進んでいた師団長ルートヴィヒ王子の副官も戦死してしまいました

あなたも好きかも:結城友奈 スロット やめどき
この敵からの銃砲火の下、H猟兵第1「近衛」大隊は右翼(南)側東にある小林へ向かい、その先キュセ森北東角で戦闘中の普第84連隊F大隊の第二線に就きました

あなたも好きかも:緋弾のアリア スロット 打ち方
 第50旅団に属しながらも師団長直轄に指定され、第49旅団の先頭を進んだH第3「親衛」連隊も、敵の銃火を避けつつ右翼に展開する第18師団援護のためキュセ森に入りました

ここでマンシュタイン将軍の意を受けた軍団副官が到着し、軍団砲兵の危機を知らせたのです

 H軍人の連隊長シュトゥンム中佐は普軍砲兵を救うため、直ちに第1大隊に命じ砲列左翼先頭に向け1058高地の際を前進させました

あなたも好きかも:スロット 中村会長
 開けた森縁の窪地では絶え間なく仏軍の銃火が浴びせられたため、大隊はキュセ森の中を進みましたが、やはり夏草に足を取られる行軍は困難を極め、焦りに反してその行軍速度は遅いものとなります

ようやく午後1時30分過ぎ、大隊の先鋒両翼(第1,4)中隊は軍団砲兵の左翼後方に到着します

この時は正に重砲第4中隊が全滅し、2門の砲が森の縁で立ち往生した時であり、H軍兵士は傷付いた普軍砲兵を介抱し、大砲を森の奥の安全な場所まで引いて行くのでした

 この後、H第4連隊第1大隊は普軍砲列直下のキュセ森東南端で集合するのです

 H第3連隊第2大隊(注・既述ですがH軍連隊は普軍と違い2個大隊制です)は第1大隊に続行してアマンヴィエを臨むキュセ森東端に達し、前哨として第6,7中隊を森の縁に展開させました

 午後2時

第9軍団は輜重行李の警備に残った第11連隊第1大隊と、ゴルズ高地周辺で「マルス=ラ=トゥールの戦い」戦死者の埋葬に駆り出されたヘッセン工兵中隊(盛夏の候、その作業は察するに余りあります)以外、ほぼ全力がアボンヴィルからジュニヴォー森の間に展開していました

 その中心となるヴェルネヴィル部落周辺には、軍団予備として第84連隊第2大隊、第85連隊第1、2大隊、第11連隊第2、F大隊、猟兵第9大隊第3中隊、軍団工兵第2中隊が待機しています

この部隊は仏軍が前進に転じるのを待っている前線部隊と同じく、仏軍が「同じ土俵の上」、即ちドライゼ銃の射程内(500m)へ攻め入るか、または仏軍砲兵が手を出せない(4ポンド砲の射程外)3,400m以上に離れるかを待っていたのです

 しかし、仏軍も既に戦い方を学んでおり、シャスポー銃とミトライユーズ砲の優位性を活かした戦い方を始めていました

 普第9軍団は今までとはひと味違う敵の姿を見ていたのです

仏第4軍団長ラドミロー将軍 この優勢な仏軍により、普軍砲兵8個中隊とヘッセン騎砲兵中隊が一線に並ぶ1058高地尾根は銃砲撃の「嵐」に晒され、その戦闘力は削がれて砲撃もままならず、普軍砲兵たちは意志の力だけで遮蔽物のない高地上に留まっていました