千石撫子 スロット

千石撫子 スロット

Bloggerの推奨事項:

 今の速度、やはり生ける伝説と呼ばれているだけはある

あなたも好きかも:ツインブレイク スロット
まあ、ぶっちゃけ一定水準以上は見えないんだけど

 お互いが剣を押し付け合い、拮抗している状態

あなたも好きかも:パチンコ ゲッツガール
リティアルの奇襲をイリアスは難なく防いでみせた

 イリアスの態度を見るに、純粋な戦闘力ならばイリアスの方が上なのだろう

「――――――、―――――――――――――――――――?」「ッ!?」 リティアルが何かを呟いたと思った瞬間、イリアスの体が分かりやすいほどに硬直した

 言葉の内容こそ聞き取れなかったが、それが魔法の類ではなく、純粋にイリアスの精神に動揺を与えた言葉だということは理解できた

「ほら、心が乱れた」 イリアスがこちらの方へ跳ね飛ばされる

 リティアルのモーションを見るに、イリアスを蹴り飛ばしたようだ

 イリアスは直ぐに体勢を立て直す

しかしリティアルは既にこちらの正面へと飛び込んでいた

あなたも好きかも:桃田 バドミントン カジノ
「ラーハイトの言葉など聞かずとも、貴方の脅威は分かりました

ここで始末――なるほど、戦闘面は実に未熟ですね」「顔に出ちゃったか

まあ素人なんでな」 リティアルがこちらへ向けた剣が届くことはない

何故ならそこには姿隠しの魔法を使用して潜んでいたデュヴレオリが待ち構えていたからだ

 リティアルは腐っても伝説の人間であり、モルガナのギルドマスター

イリアスが万全だとしても隙を作られる可能性は想定していた