タイバニ スロット やめどき

タイバニ スロット やめどき

Bloggerの推奨事項:

 ただし、それでも深化融合は用いないという条件をみずからに課している

あなたも好きかも:ブラックジャック janne da arc
 これは腕試しだ

 自分の力が神属にどれだけ通用するのかを試すための戦いなのだ

 完全武装の上、深化融合を起こせば、神々にも食らいつくどころか、斃せることは証明済みだ

 深化融合を用いずにどこまで戦えるのかを知っておくべきだと、セツナは考えていた

深化融合は強力だが、同時に消耗が激しいという難点がある

その消耗の激しさに見合うだけの力を持っているのは確かだが、だからといってそればかりを頼りにするのは、ネア・ガンディアとの決戦において問題になるのではないか、と、彼は思っていた

 そんなおり、ちょうどいい相手が現れた

あなたも好きかも:お金の増やし方 パチンコ
 闘神ラジャムは、ヴァシュタラの神々の中でもとりわけ強いわけでも弱いわけでもなさそうだった

平均よりは少し上くらい、だろうか

あなたも好きかも:ナデシコ パチンコ ゲキガンガーチャレンジ
 ネア・ガンディアに属するヴァシュタラの神々との戦いを想定する上で、これほど適した相手はいないだろう

 故にセツナは、闘神が本気を出してくれたことに感謝しながら、闘技場を飛び回った

 神としての姿を取った闘神ラジャムは、その六本の腕に持つ六種の武器を自在に操るだけでなく、神威の炎を絡めた多彩な攻撃手段でもってセツナに猛攻を仕掛けてきた

対するセツナは、メイルオブドーターの闇の翅による防御や、ロッドオブエンヴィーの“闇撫”などを駆使して攻撃を捌きつつ、ランスオブデザイアやアックスオブアンビションでの攻撃を試みたり、エッジオブサーストの能力を駆使した

 様々な攻撃を試し、あらゆる戦術を用いる

 そうすることで神との闘争に新たな道が開かれないものかと考えてのことであり、闘技場の広い空間すべてを戦場とする両者の戦闘は、わずかばかりの観客を見入らせたに違いない

特に闘士たちは、感嘆の声さえ上げることを忘れ、茫然と立ち尽くしている様がセツナの視界にちらりと映り込んだりした

「やはりこうでなくてはな!」 興奮気味に叫んだ闘神は、高揚感に満ちている様子だった