チェリ男 スロット

チェリ男 スロット

ありとあらゆる研究を行い、白化症患者に被験者になってもらったことさえあったが、それだけでは足りないのだ

 もっと、情報を

 そう切望していたとき、アズマリアが現れ、太古に失われた図書館への道を示してくれた

渡りに船とはまさにこのことであり、マリアは、内心歓喜していた

あなたも好きかも:スロット ダービークラブ 凱旋門
図書館に白化症の情報があるとは限らないが、なかったとしても、決して無駄にはなるまい

時間の許す限り調べ尽くし、知識を積み上げていけば、マリアの医術はさらに磨き上げられる

 それが発揮できる期間は限られるだろうが

 だからこそ、急がなければならない

「済まないね、団長閣下

あたしとしては、ベノアを第三の故郷と想うくらい気に入っていたんだけどさ」 第一の故郷はガンディオンであり、第二の故郷はリョハンだ

あなたも好きかも:パチンコ 軍団
リョハンで生活した期間というのは短いが、濃密な期間だったのは間違いない

なにより、あそこにはいまや数少ない友人知人たちが住んでいる

あなたも好きかも:スロット ムサシ 石巻
それだけで懐かしい空気が生まれるものだ

「研究を進めないことにはね」 白化症の治療法さえ確立することができれば、それだけで世界を取り巻く状況は一変するのだ

少なくとも、白化症の発症によって絶望する必要がなくなる

現状、治療法の一切存在しない白化症は、不治の病であり、しかも、発症したが最後、化物に成り果てて周囲に被害を撒き散らすということもあって、絶望の根源となっていた

発症しただけで絶望し、己の命を絶つものも少なくはない

「先生の研究が少しでも進展すること、このベノアの地より願っていますよ」「ありがとう

もし、研究の成果が出たならば、必ずベノアにももたらすからさ」 それで、感謝の印としたい