パチスロ タツジン

パチスロ タツジン

それとも、別の正義感が働いたのか

クウネルに体当たりをして、縺れ合いながら地面に倒れこんだ

 そして、すぐに次の行動へ移ろうとして、顔を上げると――「――魔法《ディスタンスミュート》」 カナミの背中が見えた

あなたも好きかも:パチンコ ジパング 閉店
 その紫色に淡く光る腕を、すでに『血の魔獣』に突き刺し終えていた

 魂と『繋がり』を作り、その人生を共有することで、問答無用で相手の戦意を削ぐ

 不意打ちで冷や汗を流したが、これで一安心――そう私が思ったのは束の間だった

 僅かな静寂のあと、慌てるカナミの声が響く

「くっ……! 魂は一つなのに一人じゃない……!? やっぱり、くっついているのか……!?」 確認するように私に視線を向けたので、すぐに頷き返した

あなたも好きかも:パチンコ ハルル 経営者
 察しの通り、この『血の魔獣』は、私の人生を『過去視』したときに視た失敗作たちの一つだ

 研究員たちが『魂の理を盗むもの』を作ろうと、耐久実験や改造実験を経た『魔人』たちを手術で繋げ合わせて、何度も弄り続けた結果、この世に彼らは生まれ落ちた

 こと魂において、これほど人為的に複雑化された存在はないだろう

 いかにカナミといえども――いや、魂と『繋がり』を作るカナミだからこそ、この『血の魔獣』を相手にするのは不利

あなたも好きかも:パチンコ 焼津 abc
 それが直感的にわかった私は、急ぎ、その見知った友人に向かって、再会の挨拶を投げかける

『――みんな(・・・)!』 私ならば意思疎通できる

 その自信があった

 クウネルやセルドラたちと話せないのだから、ここで役に立たなければ私の居る意味はないだろう

千年前のように、また仲良くお話をしようと、自分の『血の人形』の喉を震わせて訴えかけた